社長からのメッセージ

この業界で一生やっていくことは、思いのほか厳しい。


めまぐるしい技術革新の中、ソフトウェアを開発する側にとっては、常に新しい技術の習得を
強いられる。これで終わりということは無い。


長くても一つのプロジェクトは数年で終わり、また新しい要件をこなしていかなければならない。
更に年齢を重ねるごとに業務知識、管理能力も問われるようになる。
しかし、天職と信じてこの業界に入ってきた以上、一生続けたいのは誰しもが思うところだ。


このとりとめのない難題でも、工夫をすればきっと打開策が見つかる。技術、業務知識、管理能力といった様々な側面で、それぞれが得意とするスキルを融合し協力し合う。
知識を共有しながら、将来を見据えて必要なスキルを吸収する。
そうした『誰もが将来に渡って長く活躍できる仕組み』を社員全員で創っていきたいと私は思う。


若手が提案した新しい意見や企画でも積極的に聞き入れる会社、頑張っている社員の声をしっかり反映できる会社。『会社を良くしていくためには、もっとこうした方がいいんじゃないか』といった
メンバーの意見は積極的に聞いていきたい。


是非、会社の成長と自分がやり上げてきたという達成感を一緒に実感して欲しい。

代表取締役   山田慎二