2回の産休・育児休暇を取得し現場復帰 
汎用系システム開発担当 S.Sさん(女性) 2005年7月入社

仕事内容
       某生命保険会社の数理システム開発に携わっています。
       工程は、設計からテストまで、開発の全工程に参加させてもらっています。
       数理システムは開発スキルだけでなく、業務知識も多く必要です。その部分で苦労すること
       もありますが、知識を積み重ね、それを活かしていくのは楽しくもあります。
       「勉強することは、まだまだある!」 常にそう感じます。


出産後の働き方
       結婚後にSPCに入社し、これまでに2度、育児休暇を取得しました。
       システム開発という仕事の特性もありますが、育児休暇後の復帰は大変でした。
       復帰後は短時間制度を利用し、9時〜17時で勤務をしています。短時間制度を利用し、
       育児を大切にしたいと思う一方、短時間制度を利用することで「周りに迷惑をかけている
       のではないか」「もっと仕事の優先度をあげるべきなのか」と悩んだ時期もありました。
       ただ、会社や現場のメンバーが理解をしてくれて、負担が大きくなりすぎないよう協力をして
       くれているため、今は仕事も育児も両立した生活を送れています。これには、とても感謝して
       います。
       また、私自身も限られた時間を意識して作業するため、より効率的に作業できるようになった
       と思います。


社内の様子
       私がSPCにいて感じるのは、「社員全員の声を聞こう、反映しよう」という雰囲気です。
       これは簡単そうで、なかなか難しいことだと思います。
       「こうしたい、こうしてほしい」という意見は常に聞いてもらえる体制があり、「こうしたい」を
       実現しようと協力してくれるメンバーがいます。
       社員同士の仲も良いため、飲み会や社員旅行、その他のイベントも出席率が高く、先輩・
       後輩一緒になって盛り上がっています。
       このことが意見をしやすい雰囲気にもつながっているのではないでしょうか。